配信文面

実際にお送りしている、1日3回お送りしている「文面」のご紹介

1回目:07:00に配信(前場開始前)

この相場の厄介なのはトランプさんの政策がいまいち具体策にかけているから、どのような進展になるか見にくいところにあります。しかし、言えることは具体的な表現を使いすぎてしまうとダメージが強くなって、市場が混乱してしまったり、国際間が緊張してしまう可能性があるんです。だから、オブラートに包んだ言い方になっています。また、減税とインフラ整備を畳んでいますから市場は期待外れも加味しています。

だから、非常に大事なのは英国との話し合いでそこで単なる白豪主義であったり、アメリカンファーストかが見分けられるのではと思います。この会議は重要でそこでの判断から日本に対しての風当たりが強くなり、流儀や作法の違う国の排除が始まり、それは新しい国際基準に変化。要するに、アメリカ色に染まらない国は寄せ付けないという事になります。

ですから、日本車について言及していましたが、この事は非常に大きなことに向かい、その代償として大きな関税や規制を作り始めると見て良いと思います。その結果が米国の繁栄で将来日本にプラスに働いてもそれは非常にきつい前半で耐えなきゃならないのです。それを市場がどう取るのかだから、一回確認までは指数は買えないとなります。

まあ、個別さえ残ったらという感じです。

7897? ホクシン
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=7897

3677 システム情報
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3677

3689 イグニス
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3689


2回目:12:00に配信(前場終了後)

これでアジアが結束し始めたらまた刺激なんでしょうね。だから、米国はうまく領土問題など出しながら分断もやって来ている気がします。ただ、良い人の米国が「我がの為に」という発想になってしまい、色々言い始めたら多くの事がとん挫します。TPPに中国を入れるなんて話が出て来ていますが、そこらがそういう傾向を出しています。

個別が非常に強く月の20日から新興の切り返しが目立つのです。Vテクなんか売っていた外資が買い戻しを入れたと書いてあるし、色々用事なども合わせた感じになるんですかね。だとしたら、今日と明日で行きつくことも何がえなきゃならないし、少し高いから怖さが出て来てもおかしくは無いんですよね。という事は、ここは指数の事もあるから少し緩めにポジションしはじめ、少し下がっている物や出遅れ思考になりそうです。

ならなくてもそういう投資しか出来ないんでしょうが。

4023 呉羽
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=4023

6183 ベルシステム
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6183

3912 モバイルファクトリー
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3912


3回目:15:00に配信(後場終了後)

良い面も悪い面もあるトランプ政治は今のところ具体的な策は無く、過去からの期待や発言からそう蔵王するという感じです。ですから、基礎的な要因が出来ていないから、不安要素の方が強く、他は期待で買ってきますが再確認したいと言った感じ。そして、今日はVテクや東芝の買戻しを外資が行っていたという話でしたし、そういう買いを見たら前場の下の堅さは買戻しが要因で強かったとなります。

ただ、米国の雇用賃金が高く進んでいますから、これが上がると企業収益圧迫になるし、我々、有色人種は毛嫌いされているという現状から日本の輸出が厳しくなります。そうなると、普通は買い難いのでこの場面はもう少し様子見て具体的にどうなるのかを見たいです。まあ、仕方がないですよ。車の話をもう持ち出して来るんならば、この相場は続きにくいと思います。次に何かって気がしますから。

27日のポイントの日から本格的な動きになるんでしょうが、基本的にはついて行けない状況かと思いますね。

6750 エレコム
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6750

6183 ベルシステム
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6183

2183 リニカル
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2183

源太の思い・・・

負けトレーダーを「0」にしたい!

大岩川源太先生の思い・・・

業界歴36年で、酸いも甘いも全てを知り尽くす、源太先生の思い。
それは、負けトレーダーを「0」にしたい。ということ。

投資に参加する人の大半は、少なからず損失を出してしまい、
市場を退場していっているケースがほとんどです。

ただし、株式投資であれば、市況判断ができること。
そして、チャート判断さえできれば、勝てる可能性が限りなく高くなります。

その業界歴36年のプロの目線での銘柄選定方法を
オブラートに包むことなくお伝えしたい・・。

そんな思いで、この市況解説メールは、無料公開されています。
あなたも、是非このメールを購読して日々のトレードのお役に立ててください。

たくさんの人に購読頂けましたら幸いです。
もしよろしければ、このページを知人の方もシェアしてあげてください。

リアルタイム
株式市況ボイス

無料購読はこちらから

※1日3回上記に入力頂いたメールアドレス宛にお届けします。

【 ご利用のお客様へ 】
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面をよくお読みください。
投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービス内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。なお、登録自体は無料で行うことができ、登録と同時に料金が発生することは一切ありません。
契約締結前交付書面等

【 金融商品取引法第37条に基づく表示 】
商号:株式会社 新生ジャパン投資(金融商品取引業者)
住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目26-2 石井ビル4F
業務内容:投資助言・代理業
登録番号:関東財務局長(金商)第796号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会 第012-02541号、特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)